工業デザイナー働く

工業のデザイナーの働きやすさ

工業デザイナーはフリーランス

企業で働く場合、企業と働き手が締結する契約は、雇用契約をする場合と請負契約をする場合があります。雇用契約は従業員です。企業の支配下で企業の命令で働き賃金を得るのです。請負契約はフリーランスです。一般的には3年や5年、専属で企業の仕事の発注をうけて、それを完成させることを契約するのです。時間に拘束されない創造的な仕事や専門職に多いと言われます。イラストレーター、写真家、産業医、顧問弁護士などが考えられます。工業デザイナーなども同様に、一旦アイデアが湧くと時間に拘束されず完成させたいと思うでしょう。このように、工業デザイナーは、時間や、企業の行事に拘束されずフリーランスとして働いたほうが、効率が良いと言えるでしょう。

物作りをデザインするデザイナー

工業デザイナーとは、あらゆる工業製品のデザインをする職業です。小さなクリップやペンなどから、家電製品、家具、自動車、家、ロケットにいたるまで、形のあるものにはすべて関わっていきます。見た目の美しさや好感度だけでなく、使いやすさや機能性にも気を配り、技術者や販売者の意向も取り入れながら、他の製品とかぶらないオリジナリティの高い物を作ることが求められます。なるために特に資格が必要なわけではありませんが、一般的にはデザイン工学などを学べる大学や専門学校を卒業していることが条件となることが多くなっています。

↑PAGE TOP