工業インハウス?

工業のデザイナーはインハウス?

ハウスデザイナー工業デザイン

インハウスデザイナーとは企業に雇用され、企業内で専任のデザイン担当者として働く人です。制作会社に勤めることやフリーランスで働くよりも安定した給与を得られることをメリットと感じる人も多いです。制作会社やフリーランスである程度経験を積んだ後に転職してくることもあるようです。仕事内容はさまざまですが、工業製品をデザインするプロダクトデザイン業務の募集が多いようです。工業製品には文房具のような小さなものから、家電や自動車などの大きなものまであらゆるものが含まれます。この仕事には、デザインのセンスだけでなく製品の専門知識や機械工学についての知識が求められます。

デザイナーによって売り上げ

日本はものづくり大国として沢山の工業製品を国内や海外向けに製作しています。ただ最近では日本以外の外国での技術力も上がっているため、工業製品は耐久性などの品質だけでなく、デザインが優れているものが求められています。日本は技術力はあってもデザイン面では海外勢に負けていることが多いので、これからはデザイナーの需要が高まることが予想できます。製品を作るときに優れたデザインを作り出すことができれば、確実に需要は高まるので売り上げにも大きな影響を及ぼすようになります。そのため流行を先取りして斬新なアイデアを考え出すデザイナーの存在が求められています。

↑PAGE TOP