工業のプロダクト

工業のデザイナーのプロダクト

工業デザイナープロダクデザイン

工業デザイナーとは、大量に生産される、生活に関わるありとあらゆる製品をデザインすることを職業にしている人のことを言います。ごく小さな雑貨から、大きな乗り物にいたるまで、デザインされるものの範囲は非常に広くなります。よく似ているのが、プロダクトデザインという言葉です。主に工場で大量に生産される製品のデザインのことです。ただ、乗り物に代表される機械的な装置を含む製品のデザインは、通常除かれます。またこの言葉については、もっと広い意味にとらえ、製品を製作するうえでの方向性など、企業のイメージまでも含んでいるとする考え方もあります。工業デザイナーとプロダクトデザインとは、イコールで結ばれるような密接な関係です。

工業デザイナーになるには

工業デザイナーになるには、大学や専門学校などに入学して工業デザインについて学ぶ必要があります。大学や専門学校を卒業したら、メーカーやデザイン事務所などに就職することになるでしょう。クリエイティブな職種ですから、フリーランスで活躍したり、独立することも可能です。身近な生活用品から飛行機などの大きなものまであらゆる製品がありますから、どんなものをデザインしたいのかを決めて就職先を選びましょう。デザインするだけでなく、物を製造するところから流通まで深く関わることになります。製品化まで見届けるのが仕事になります。

↑PAGE TOP